びぎーのぶろぐ

    フィギュアや秋葉原の食事処レビュー・自作BDBOXの作成記を中心に記していきます。Twitterメインなのであまり更新は多くないかもしれません。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    艦これモデル Vol.1 (エフトイズ・コンフェクト)

    今回はエフトイズさんから発売された艦船の食玩、艦これモデルvol.1をレビューしたいと思います。

    ちなみに艦これに関しては自分はまだ着任して1ヶ月程度の底辺提督です。

    最近の悩みは雪風が全く出ないことでしょうか。

    まあそれは置いておいて早速参りましょう↓

    DPP_0001a_s.jpg


    男は黙って大人買い。

    ボークスで税抜き¥4500でした。

    艦これモデルは1BOXで全種類揃うそうなのでコンプリート目的の方はBOX買いがオススメです。

    パッケージ↓

    DPP_0002_s_20140524141549280.jpg

    大食艦やボーキサイトの女王などと言われて提督の皆さんに親しまれている赤城がvol.1のツラです。

    本当であればメインキャラ(でいいんですよね?)の吹雪さんをパッケージに採用するところですが

    今回のラインナップに吹雪さんの艦船がないので赤城になったのでしょう。

    決して「売上上がるような艦娘じゃないしさすがに新規造形はダルいっしょ!」とか、

    「そもそも存在が空気過ぎて忘れてたわ!」とかではないと思います。



















    efutoizu.jpg

    !?




    BOXの内訳はパッケージ背面の8種の艦船が各×1+シークレットの矢矧×1+いずれかのダブり×1の10個入りとなります。

    自分の場合は翔鶴がダブりでした。

    ちなみにこの艦これモデルは完全新規ではなく同メーカーさんから出ている

    艦船キットコレクションというシリーズを使い回して艦これver.にアップグレードしたSpecialなアイテムです。

    台座に艦娘が描かれたショボいカードを載せることでこれまでの地味な艦船キットコレクションを

    華やかな艦これver.としたかなりやっつけ&手抜き感満載のゴージャスな内容。

    担当者の方はきっと流行に乗ろうとしたんだと思います。

    97585e52.jpg



    とりあえず人気の高い金剛を開封↓

    DPP_0003_s_20140524141603ba4.jpg

    中身は船体が2パーツ・ランナーが2枚・台座周辺のパーツ・組立説明書 、そしてガムが入っています。

    説明書の裏面にはオマケの解説と漫画がありました↓

    DPP_0004_s_20140524141619bc9.jpg

    組む前にザッと組立説明書をチェック。

    DPP_0010_s_2014052414174777b.jpg


    「あると便利な道具」としてプラモデル用ニッパー・カッターナイフ・ピンセット・流し込み接着剤の4種が記載されていますが

    実際のところこれは「あると便利」というより「ないと不便or無理」という表現が正しいです。

    そして記載はありませんでしたが瞬間接着剤も用意した方がいいでしょう。

    流し込み接着剤はすぐに硬化するものではないので作業中のパーツのズレや落下、

    紛失を防ぐ意味で瞬間接着剤(+ノズル)も合わせて使うことをオススメします。

    ノズルは多くのものにセットでついて来ますが、ついてこなくても別で売っています。

    接着時は瞬間接着剤をパーツに点付け→仮止めし、

    そこに流し込み接着剤を流すという流れがスムーズで確実かと思います。

    自分の場合は既に持っていたものを使用して行きます↓

    DPP_0011_s_20140524141803e93.jpg
    DPP_0023_s_201405241421027da.jpg

    言い忘れましたがパーツの中には1mm程のものもあるためピンセットは鶴首タイプでないと作業しにくいです。

    個人的にはタミヤの鶴首のピンセットがオススメ。

    これ本当にいいです。

    先は欠けたりしないか心配なくらい尖っているんですが

    材質と設計がいいのかきちんと力を入れて作業ができるんですよ。

    定価だと¥1300程、アマゾンでも¥800程するのでさすがに今回のためだけに買うのはためらわれると思いますが

    ちょっと感動ものなので模型関係なくピンセットが欲しい方はぜひ。

    話が逸れましたがパーツも見ていきましょう↓

    DPP_0005_s_20140524141634bf5.jpg


    パーツは彩色済み。

    DPP_0009_s_20140524141733791.jpg

    かなり小さいパーツも色分けされています。

    DPP_0008_s_201405241417199a2.jpg

    接写しているので塗装が荒く見えますがこの小ささなので充分だと思います↓

    DPP_0007_s_20140524141704a5b.jpg
    DPP_0006_s_201405241416492b0.jpg



    それでは作成開始↓

    DPP_0021_s_201405241420317db.jpg

    ウッディ「は?ランナーがたったの2枚?秒殺だな!」





























    E3819DE382.jpg

    結局1時間程掛かってしまいました・・・

    最近のガンプラと違って昔ながらの模型に近い造りなので模型に馴染みのない方は

    少し覚悟を決めて購入した方がいいかもしれません。

    パチパチはめていくだけじゃなく絶対に接着が必要な箇所があったり、

    ダボと穴(パチパチはめる棒と穴)が合わなかったりといった感じです。

    途中の工程は地味なので割愛。

    なんやかんやで完成↓

    DPP_0012_s_2014052414181791e.jpg
    DPP_0013_s_20140524141832ec6.jpg

    上に乗せるカードは通常と中破を選択 する方式です。

    スペース的にも見た目的にもこの台座は好きではないので

    取っ払って飾る予定です↓

    DPP_0014_s_20140524141847b91.jpg
    DPP_0015_s_20140524141901ab7.jpg

    では何枚かアップで↓

    DPP_0016_s_201405241419175ac.jpg
    DPP_0017_s_201405241419328d5.jpg
    DPP_0018_s_201405241419463fb.jpg
    DPP_0019_s_2014052414200158f.jpg
    DPP_0020_s_20140524142015139.jpg

    さて、気づきましたか?

    これは説明書通りに作ったのですが実は間違えているところがあるんですね。

    自分は組んで写真を撮った後に知ったのですがパーツ配置が逆のところが2箇所あるみたいです↓

    Scan0002_s.jpg

    赤い星の⑬と⑭、そして青い星の⑧と⑨が本当はそれぞれ逆に付きます。

    ⑬⑭に関しては上段の完成見本写真は合っていますが下の組立説明図は間違っていますね。

    本当はクレーンは脇側に付きます。

    ⑧と⑨に関しては写真と図両方合っていますが番号が間違えています。

    本当は図のように網目が外側を向きますが

    番号だけを頼りにしていると網目が内側に向いてしまうので注意してください。

    いや~やられましたね・・・

    ⑧⑨は組む時に気づいたので大丈夫だったのですが

    ⑬⑭は接着したパーツをナイフでカットして最後に正しい位置に付け直しました↓

    DPP_0042_s_20140524142546855.jpg


    サラッと他の艦船も見て行きましょう。

    赤城↓

    DPP_0026_s_2014052414214700e.jpg
    DPP_0032_s_20140524142318435.jpg
    DPP_0033_s_201405241423324a5.jpg
    DPP_0039_s_201405241424594df.jpg

    加賀↓

    DPP_0027_s_201405241422021e3.jpg
    DPP_0034_s_20140524142347e0e.jpg
    DPP_0035_s_201405241424024aa.jpg
    DPP_0040_s_20140524142514af6.jpg

    翔鶴↓

    DPP_0028_s_20140524142217c6f.jpg
    DPP_0036_s_2014052414241633d.jpg
    DPP_0037_s_20140524142431a54.jpg
    DPP_0038_s_20140524142445f19.jpg

    加賀・赤城・翔鶴には爆撃機・攻撃機・偵察機が各3機付属しています↓

    DPP_0041_s_20140524142530b0a.jpg

    他にも利根・筑摩には偵察機が3機、金剛・高雄・矢矧には偵察機が1機付属します。

    比叡にはなにもありません・・・

    比叡↓

    DPP_0025_s_20140524142132bc5.jpg
    DPP_0043_s_201405241426015c2.jpg
    DPP_0044_s_20140524142616a42.jpg
    DPP_0045_s_2014052414263081e.jpg

    高雄↓

    DPP_0024_s_20140524142117aa9.jpg
    DPP_0046_s_201405241426450d8.jpg
    DPP_0047_s_20140524142700687.jpg
    DPP_0048_s_20140524142715bb9.jpg

    利根↓

    DPP_0029_s_20140524142233af4.jpg
    DPP_0049_s_20140524142730f52.jpg
    DPP_0050_s_201405241427456b5.jpg
    DPP_0051_s_2014052414280064f.jpg

    筑摩↓

    DPP_0030_s_2014052414224890e.jpg
    DPP_0052_s_20140524142815955.jpg
    DPP_0053_s_2014052414282968d.jpg
    DPP_0054_s_20140524142844af0.jpg

    シークレットの矢矧↓

    DPP_0031_s_201405241423034aa.jpg
    DPP_0055_s_20140524142858292.jpg
    DPP_0056_s_20140524142913e94.jpg
    DPP_0057_s_201405241429281bb.jpg

    ちなみに矢矧はシークレット扱いですが出る確率は他と変わらないのでレアというわけではありません。

    それどころか艦船キットコレクションの時は駆逐艦 秋月とセットで¥500だったので

    実際のところ今回は他より損と言えるかもしれません。



    全員集合↓

    DPP_0058_s_2014052414294365c.jpg

    さすが空母は大きいですね。











    いかがでしたでしょうか?

    上の方で散々ネタにしてこき下ろしましたが個人的にはこのシリーズお値段以上の内容だと思います。

    たったのワンコインでこのレベルのものが手に入るというのは正直あり得ないとすら思いました。

    企画自体は艦これのビッグウェーブに丸々乗っかった形になりますが、

    中身は食玩のクオリティを超えたガチンコ艦船キットなので興味のある方はぜひ買ってみてはいかがでしょうか?

    自分はもちろんvol.2も箱買いします。



    最後にウッディさんの「金剛かわいいよ金剛!」的なシーン↓

    DPP_0022_s_20140524142047c9c.jpg

    この子は間違いなく他人の家の模型を壊すタイプです。



    それではまた、どうぞよろしくお願いします。

    関連記事

    | 未分類 | 16:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://biggie001100.blog.fc2.com/tb.php/67-f97195f9

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。