びぎーのぶろぐ

    フィギュアや秋葉原の食事処レビュー・自作BDBOXの作成記を中心に記していきます。Twitterメインなのであまり更新は多くないかもしれません。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    直江兼続 + 追加武器(他キット流用&自作)

    今回は先日再販されましたアルターさんの直江兼続をレビューしたいと思います。

    初販が2012年2月なので今更なのですがぐつぐつさんに合いそうな武器を見つけた&自作してみましたので

    少し取り上げさせていただきます。

    RIMG1970[1]


    まずはぐつぐつさんからです。

    とりあえずぐるり↓

    RIMG1971[1]
    RIMG1972[1]
    RIMG1973[1]
    RIMG1974[1]
    RIMG1975[1]
    RIMG1976[1]
    RIMG1977[1]
    RIMG1978[1]

    アニメでは散々な扱いですがフィギュアでは他キャラを差し置いてブッチ切りの出来です。

    基本的にアルターさんの百花繚乱シリーズは総じて出来が良いですが

    このぐつぐつさんはその中でも頭1つか2つ抜けていますね。

    ちなみに撮影の為ハンマーの支柱を抜いていますが

    「支柱なしで飾っていたら手首がもげた」という話を聞いたことがあるので

    購入される方はディスプレイの際ご注意ください。

    少し寄りで↓

    RIMG1980[1]

    かわいい!



    お顔チェック↓

    RIMG1981[1]
    RIMG1982[1]
    RIMG1983[1]
    RIMG1984[1]

    どっからどう見てもかわいい!

    歯まで作り込んであります↓

    RIMG1985[1]



    髪↓

    RIMG1988[1]
    RIMG1987[1]
    RIMG1989[1]
    RIMG1986[1]
    RIMG1990[1]
    RIMG1991[1]

    この毛流れは見所の1つですね。



    おぱーい↓

    RIMG1992[1]
    RIMG1993[1]
    RIMG1994[1]

    意外とあるんですよね。



    お腰に付けたひょうたん↓

    RIMG1995[1]
    RIMG1997[1]

    ひょうたんに貼られた紙のシワや、栓の木の質感等見事に表現されています。

    ひょうたんと縄ははずすことが可能↓

    RIMG1998[1]

    ただ実はこれは接着漏れではないかと自分は考えています。

    手放してしまいましたが自分は以前初販も持っていまして、

    それは確か接着されていてはずせなかったはずなんですよね。

    それに他のレビューサイト様の画像を見ても誰もはずしていないですし・・・
















    はるか

    ですよね!春香姉さま!

    まあ着脱可能なのは別に困ることではないので今回はOKでしょう。

    むしろ邪魔なひょうたんが消えて腰周りが見やすくなったので逆に良かったかなと思いました。

    ではひょうたんをはずして↓

    RIMG1999[1]
    RIMG2001[1]
    RIMG2000[1]

    かなりサッパリした気がします。

    これで右手にスクールバッグでも持てば余裕で日常系アニメに出られますね。



    脚↓

    RIMG2002[1]
    RIMG2003[1]
    RIMG2004[1]
    RIMG2005[1]

    綺麗なおみ足。

    隠れている愛の字や桜のプリントもバッチリ。



    靴↓

    RIMG2006[1]
    RIMG2007[1]
    RIMG2008[1]

    テカテカ塗装はエナメルを表現しているのでしょうかね。



    今作最大の見所、ツーケー↓

    RIMG2009[1]
    RIMG2010[1]
    RIMG2011[1]
    RIMG2012[1]
    RIMG2013[1]

    ローアングルで↓

    RIMG2015[1]
    RIMG2016[1]
    RIMG2017[1]
    RIMG2018[1]

    ふぅ・・・

    破壊力抜群です。



    ハンマー↓

    RIMG2018a[1]
    RIMG2018b[1]
    RIMG2018c[1]
    RIMG2018d[1]
    RIMG2018e[1]

    このハンマーも見事なんですよね。

    単体として見ても圧巻の一言です。








    ここからは追加武器のご紹介になります。



    今回武器流用のために購入したのはこちら↓

    マイスタージャパン

    戦国武将 ARMOR SERIES フィギュア

    直江兼続 Aタイプ


    RIMG2021[1]



    ウッディは置いておいて本当の配置はこちら↓

    RIMG2020[1]

    これに付属している刀が今回使用する武器です。

    ぐつぐつさんのイメージカラー?である紫色のリボンが巻かれ、

    鞘も濃い紫色というドンピシャな刀です。

    しかもこの刀は・・・↓

    RIMG2022[1]

    なんと抜刀することができます。

    刀身はダイキャストの為、質感や硬度などなかなかのものです。

    柄が太くそのままでは握らせることが出来ませんので

    1度バラして鍔(つば)と柄でぐつぐつさんの拳を挟むようにしなければなりません↓

    RIMG2023[1]




    バラしたところでさっそく装備しましょう↓

    RIMG2024[1]
    RIMG2025[1]
    RIMG2027[1]
    RIMG2028[1]

    正直うまく馴染むか不安だったのですがいい感じにまとまったと思います。

    ほとんど気になりませんが若干隙間が空きます↓

    RIMG2026[1]

    ちなみに刀の長さは十兵衛のものよりトータル1cm短いくらいです↓

    小柄なぐつぐつさんには丁度いいかなと思います。

    RIMG2029[1]

    せっかくなので旗を持たせてみました↓

    RIMG2036[1]

    直江セット↓

    RIMG2030[1]

    これの他ですと真・剣鬼シリーズもおすすめだと聞きました↓

    真・剣鬼3 ~幕末人斬跋扈編~ BOX真・剣鬼3 ~幕末人斬跋扈編~ BOX
    (2012/02/27)
    ときめきドットコム

    商品詳細を見る




    ではお次は自作武器のご紹介。

    今回作ったのは  です↓

    RIMG2037[1]

    とりあえず持たせて見ましょう↓

    RIMG2038[1]
    RIMG2039[1]

    勢いだけで作ってみましたが色味も揃いましたしスケールも違和感ないと思います。

    正直今後使うことはないと思いますが

    これだけでもう満足です。



    簡単にですが工程の説明を少し↓

    材料は全て秋葉原のラジ館に入ってるドールショップ アゾンで揃えました。

    RIMG2039a[1]

    ①スヤリ ¥630
    ②5mm平ボタン ゴールド 5個入 ¥420
    ③5mm×6mmバックル
     ゴールド 4個入 ¥315
    ④1.5mmサテンリボン 各¥300


    これプラス瞬間接着剤とつや消しクリアを使いました。

    値段を考えずに購入したので記事を書いている今現在になって高いなと感じています。

    リボンは1メートルも使わないのでこんなにいらなかったですね。




    では作っていきます。

    まず最初にリボン3本で三つ編みテープを作ります↓

    RIMG2039b[1]
    RIMG2039c[1]
    RIMG2039d[1]

    三つ編みなんて小学生以来?だったので最初は戸惑いました。

    これを槍に巻くわけですがその前に装飾のボタンとバックルに一手間入れます。

    といってもつや消しクリアを噴くだけです。

    そのままですとピカピカし過ぎてチープだなと個人的に思ったからです。

    RIMG2039f[1]

    左がクリアを噴いたもの、右がそのままです。

    まあ好みの問題ですね↓

    RIMG2039e[1]

    ではもち手の方から巻いていきましょう。

    途中装飾のバックルを通しつつ瞬間接着剤でガッチリと固定していきます。

    RIMG2039g[1]

    最後1回結んだ後にこれまた装飾のボタンを3本のテープそれぞれに通します。

    RIMG2039h[1]

    テープを好みの長さにカットして完成↓

    RIMG2039i[1]

    短時間で出来ますし意外と楽しかったです。








    最後にフルアーマーぐつぐつさん的な何か↓

    RIMG2040[1]



    いかがでしたでしょうか?

    最後は脱線しましたがやはりぐつぐつさんは出来がいいです。

    今後出る白十兵衛や前田慶次にも期待したいところですね。


    それではまた、どうぞよろしくお願いします。


    関連記事

    | アルター | 18:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://biggie001100.blog.fc2.com/tb.php/41-e5950793

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。