びぎーのぶろぐ

    フィギュアや秋葉原の食事処レビュー・自作BDBOXの作成記を中心に記していきます。Twitterメインなのであまり更新は多くないかもしれません。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    紺菊

    今回はアルターさんの紺菊をレビューしていきたいと思います。

    RIMG0796[1]


    とりあえずぐるり↓

    RIMG0797[1]
    RIMG0798[1]
    RIMG0799[1]
    RIMG0800[1]
    RIMG0801[1]
    RIMG0802[1]
    RIMG0803[1]
    RIMG0804[1]
    RIMG0805[1]
    RIMG0806[1]

    素晴らしい!!!

    延期に次ぐ延期でどうなるかと思われた紺菊ですが

    デコマスからレベルが落ちることもなく

    まさにアルタークオリティーで発売です。



    寄って見ましょう↓

    RIMG0807[1]
    RIMG0808[1]
    RIMG0809[1]
    RIMG0810[1]
    RIMG0811[1]
    RIMG0812[1]
    RIMG0813[1]

    360°どこからも隙なし!

    和服独特の大人っぽい雰囲気や艶感がとてもよく表現できていますね。

    露出はあまりないのですが色っぽさがすんごいです。

    造形や塗装も高水準だと思います。



    お顔チェック↓

    RIMG0819[1]
    RIMG0815[1]
    RIMG0816[1]
    RIMG0817[1]
    RIMG0818[1]

    小ぶりながらぷっくりとした唇がいいですね。

    頭に載せた落ち葉?の表現も見事。

    個人的に横顔がグッときます。



    和服とくれば外せないうなじ↓

    RIMG0820[1]
    RIMG0821[1]
    RIMG0822[1]
    RIMG0823[1]

    ほっそりすべすべ!

    うなじは和服の見所ですね。

    髪の生え際がポイント高いです。



    ヘアスタイル↓

    RIMG0824[1]
    RIMG0825[1]
    RIMG0826[1]
    RIMG0827[1]
    RIMG0828[1]

    毛流れが見事に表現されています。

    シャンプーのCMかのように綺麗です。



    おっぱい↓

    RIMG0829[1]
    RIMG0830[1]
    RIMG0831[1]
    RIMG0832[1]
    RIMG0835[1]
    RIMG0833[1]
    RIMG0834[1]

    夢と希望だけじゃここまで大きく、

    まん丸にはなりやせんぜ!姉さん!



    おそらくここは好みが分かれるんでしょうね。

    奇乳と思うかどうかはあなた次第です。

    個人的にはありがとうございます(?)といった感じです。



    帯↓

    RIMG0836[1]
    RIMG0837[1]
    RIMG0838[1]



    柄↓

    RIMG0839[1]
    RIMG0840[1]
    RIMG0841[1]
    RIMG0842[1]

    綺麗にプリントされています。



    尻尾↓

    RIMG0843[1]
    RIMG0844[1]

    モフモフ!

    毛流れ彫る作業は大変だったでしょうね・・・気が狂いそう。



    足元↓

    RIMG0845[1]
    RIMG0846[1]

    関係ないですがカランコロン下駄を鳴らしながら歩く姿って良いですよね。



    お手手↓

    RIMG0847[1]
    RIMG0848[1]
    RIMG0849[1]

    手タレントレベルの綺麗な手をしてます。

    爪の造形・塗装もきっちり。



    台座↓

    RIMG0850[1]
    RIMG0851[1]
    RIMG0852[1]

    小さいのですがかなり良くできています。

    コケ(?)まで再現する本気ぶり。

    省スペースなので大変助かりますね。



    この紺菊は灯篭にLED電球が仕込んであり下の蓋を回転させると灯篭を発光させることができます↓

    RIMG0853[1]









    写真 (6)







    さすがに暗闇の中灯篭の灯りのみで撮影は無理でした。

    少し見やすくしました↓

    RIMG0855[1]
    RIMG0856[1]

    エメラルドグリーンに発光します。



    灯篭↓

    RIMG0859[1]
    RIMG0858[1]

    灯篭自体もよく出来ています。

    ですが一番最初点灯させたらそれっきり点けることはないであろうこのLEDギミックは

    正直いらないと思いました。

    こんなもの詰め込むならその分安くしてくれた方がうれしいかな~なんて。










    いかがでしたでしょうか?

    LEDギミックについてはいちゃもんをつけましたが

    それ以外では文句なし・完璧といっていい出来ではないでしょうか?

    原作を知らずとも少しでも気になった方は購入して損はしないと思います。

    購入時の注意点ですがこの紺菊は灯篭用のLR41の電池×2個は付属しておらず、

    さらに蓋をはずす際に精密ドライバーが必要になるので

    この2つを用意するのを忘れないようにしましょう。



    最後にパシャリ↓

    RIMG0860[1]

    それではまた、どうぞよろしくお願いします。




    関連記事

    | アルター | 00:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://biggie001100.blog.fc2.com/tb.php/26-5028373d

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。