びぎーのぶろぐ

    フィギュアや秋葉原の食事処レビュー・自作BDBOXの作成記を中心に記していきます。Twitterメインなのであまり更新は多くないかもしれません。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    自作BDBOX その2

    今回は自作BDBOXを実際に作っていきたいと思います。

    前回の記事から約3ヶ月も間が空いてしまいましたがようやく作れるタイトルが揃いました。

    それでは参りましょう↓


    見苦しいですが手書きで工程を

    簡単にまとめました。


    hako.jpg



    どのように説明しようか考えている際にイメージとしてラフなものを描いていたのですが、

    ちょっとまとめて清書すればそのまま使えそうだったのでそのまま取り込んで使用しました。

    上の画像についている数字(①~⑤)と以下の説明文がリンクしていますので画像を見つつご覧下さい。

    ①まずは作りたい作品の

    サイズを出しましょう。


    どこまで細かく数字を刻むかですがとにかく刻めるだけ刻んで下さい。

    自分は0.5mmまで刻むようにしています。

    といいつつ実際はそこまで細かくなることはほぼありませんのでご安心下さい。

    市販品の場合1mm単位でキリのいい数字になっているはずです。


    ②ヨコ×奥行×高さにそれぞれ

    2mmゆとりを入れましょう。


    先ほど出したサイズにそれぞれ2mmゆとりを入れた空間を作るイメージです。

    この説明の時点で作れる方も多いと思いますが何のこっちゃ?という方や厳密なボードのサイズ出しは?という方は↓へどうぞ。

    ③ボードの厚みを考慮しつつ

    各パーツの切り出し。


    よくわからん!という方は③の画像通りに切り出して頂ければ大丈夫かと思います。

    切り出したボードは大体断面が斜めになっていたりささくれ立っているのでヤスリ等で均してください。

    ④接着剤を使い組んでください。

    ③の通りパーツを切り出した方は④の画像通りに組み合わせていって下さい。

    ⑤乾いたら合わせ目を均しましょう。

    この時点で合わせ目部分がだいたい0.3mm前後段差が出来ていたりしますのでまたヤスリ等で均してください。

    1mm等あまり大きい誤差になるとこの後支障をきたしたりするかもしれませんが0.5mmくらいであれば全く問題はありません。

    ガシガシ削って面を綺麗にしていきましょう。

    画像のa・b・cは次回のシートを貼る説明の際に使う・・・かもしれませんし使わないかもしれません。

    とりあえず今回はこの箱組みまでをやっていきたいと思います。




    今回自分が作るのはコチラです↓


    RIMG0596[1]


    その血の運命(さだめ)~~~♪

    ジョォォ~ジョォオオオ♪




    ということでジョジョの奇妙な冒険 第1部です。

    3巻しかないのにBOXなんて必要か?と思いましたが、

    2部以降も続いた場合を考えると作っておいてもいいかなと。

    まずはサイズだし↓

    RIMG0598[1]

    ジョジョのケースは良くあるプラケースと違いキッチリとサイズが出しにくい紙製でした。

    紙製は中央付近が膨らんでしまうのが特徴です。

    ピッタリ潰せば4.5cm、何も圧をかけなければ5.1cmという何とも厄介なケース。

    作り直し覚悟でヨコ4.7cm×奥行14.2cm×高さ17.7cmでとりあえずトライ。



    B3の2mm厚のボードにガイド線を入れました↓

    RIMG0603[1]

    大きすぎました。

    A3で充分でしたね。




    切り出しにはデザインナイフを使っていますが特に意味はありません↓

    模型用に購入していたものがたまたまあったので使用しているだけです。

    RIMG0604[1]



    それではカットしていきましょう↓

    RIMG0605[1]

    切り出していく際の注意点はまず焦らないことです。

    2mmもの厚さですから1度で切り出そうとせず何度もなぞる様に切れ目を入れていって下さい。

    それと切り出したあと断面をヤスリで均していきますのでゆとりが必要です。

    ガイド線より気持ち外側(0.3~0.5mm)を切るようにして下さい↓

    RIMG0608[1]



    切り出したら断面を均しましょう↓

    RIMG0612[1]

    自分はヤスリスティックを作業台に乗せボードを上から滑らせるようにし面を整えてます。



    切り出し作業終了↓

    RIMG0613[1]

    ハッキリ言って地味で飽きるのでTVでも観ながらやるのがいいと思います。



    ゼリー状瞬間接着剤で張り合わせ・・・は画像ありません。

    すいません集中してて撮るの忘れてました。

    なるべく段差が出来ないように貼り合わせていってください。



    合わせ目をヤスリで均して箱組み終了↓

    RIMG0615[1]

    きちんとは計ってませんがTV観つつちんたらやって3時間くらいですかね?

    ダメ元でしたがサイズはきつ過ぎずゆる過ぎずで丁度いい感じです。

    強度に関してこれで大丈夫かと思われる方もいると思いますがたぶん
    大丈夫です。

    最終的にラベルシートでグルッと覆いますし中身も重くはありません、

    何より基本動かしたりしないものなので高所から落としたりしない限り壊れたりはしないと思います。

    自宅にあるものは今のところ大丈夫です・・・まあ持ち歩くようなものではないので当たり前ですが。




    とりあえず今回はここまでです。

    次回はもうシート貼って終了です。


    それではまた、どうぞよろしくお願いします。

    関連記事

    | 作成工程 | 16:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://biggie001100.blog.fc2.com/tb.php/19-3c4f0c97

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。