びぎーのぶろぐ

    フィギュアや秋葉原の食事処レビュー・自作BDBOXの作成記を中心に記していきます。Twitterメインなのであまり更新は多くないかもしれません。

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    ≫ EDIT

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

    ≫ EDIT

    エヴァンゲリオン初号機 劇中カラー版

    今回は筋肉マンフィギュアでお馴染みのメーカーCCPさんから発売されたエヴァンゲリオン初号機 劇中カラー版をレビューしていきます。

    RIMG0544[1]


    まず初めにこのCCPさんの初号機ですが驚いたことになんと4種もバージョン違いが存在します。




    写真 (1)




    いえ・・・嘘ではありません。本当です。

    内訳は以下の通り。

    ①エヴァンゲリオン初号機 劇中カラー版
    ②エヴァンゲリオン初号機 劇中カラー版 ハイスペックVer.
    ③エヴァンゲリオン初号機 ウエザリングカラー版
    ④エヴァンゲリオン初号機 ウエザリングカラー版 ハイスペックVer.

    ①と③の違いは土ぼこりや装甲のダメージの有無。

    そして、①・③からなんと約¥5000も値が高い②・④のハイスペックVer.というのがこれ↓

    エヴァ初号機がインターフェイスを接続し目が発光するシーンと同様、フィギュアもエントリープラグの開閉口を押すと劇中同様目が発光!約25秒後に目の発光が自然消滅!また、専用台座は、センサーに反応し暴走シーンのBGMが流れ同時にブラックライトが照射!甲装板の蛍光グリーン部分のみが反応し鮮やかな緑色に!(夜間限定)
    劇中シーンに近い初号機が再現できるCCPエヴァンゲリオンプロジェクトが遂に完成

    公式HPより抜粋



    うん。何やらいろいろすごいようですが自分はそんなものは3日で飽きるだろうということでシンプル・イズ・ベストということで①の通常のものを購入しました。

    それではとりあえずぐるっと1周↓

    RIMG0545[1]
    RIMG0546[1]
    RIMG0547[1]
    RIMG0548[1]
    RIMG0549[1]
    RIMG0550[1]
    RIMG0551[1]
    RIMG0552[1]

    これを待っていました。

    今までまともな固定モデルが発売されてこなかった初号機でしたがCCPさんがやってくれました。

    エヴァはプロポーションや色味等ファンによって好みの差が激しく商品化の際着地点をどこに定めるかが大変難しいと思うのですが最大公約数的にうまいことまとめられていると思います。

    少し寄りで↓

    RIMG0553[1]
    RIMG0555[1]
    RIMG0554[1]
    RIMG0557[1]
    RIMG0556[1]
    RIMG0558[1]

    各部でロボットではなく人造人間らしいディテールが見られます。

    猫背もいい感じですね。

    お顔チェック↓

    RIMG0559[1]
    RIMG0560[1]
    RIMG0561[1]
    RIMG0562[1]
    RIMG0563[1]
    RIMG0564[1]
    RIMG0565[1]
    RIMG0566[1]
    RIMG0567[1]

    うつむいているせいで顔が見にくいのですがイケメンです。

    人形は顔が命。

    各部アップ↓

    RIMG0568[1]
    RIMG0569[1]
    RIMG0570[1]
    RIMG0571[1]
    RIMG0572[1]
    RIMG0573[1]
    RIMG0574[1]
    RIMG0575[1]
    RIMG0576[1]
    RIMG0578[1]
    RIMG0577[1]

    この手が生々しくてGOOD!

    RIMG0579[1]
    RIMG0580[1]
    RIMG0582[1]
    RIMG0581[1]
    RIMG0583[1]
    RIMG0584[1]
    RIMG0585[1]
    RIMG0586[1]

    ケツ!

    ワレメ!

    RIMG0587[1]
    RIMG0588[1]

    下から見上げる感じで↓

    RIMG0589[1]
    RIMG0590[1]
    RIMG0592[1]

    アンビリカブルケーブル↓

    ケーブル内にワイヤーが入っているのである程度形を整えることが可能です↓

    RIMG0593[1]




    いかがでしたでしょうか?

    個人的には大満足です。

    細かく言うと塗装が荒く詰めが甘い部分があるのですがそれ込みでも現時点で初号機固定モデルの決定版と言える出来になっていると思います。

    残念なのは同シリーズの第4の使徒(分かりやすく言うとサキエル)とスケールが合っていないことですかね。

    頭の天辺で比べても初号機の方が5cm程高くなっています。

    それと購入を考えている方は高さに注意して下さい。

    この初号機、肩先までで高さが32cmあります。

    ケース内に飾ろうと考えている方はこの高さだけご注意下さい。

    ちなみにパッケージも大きく幅23cm×奥行き21cm×高さ40cmとかなりの大物なので店頭からお持ち帰りの際はこれまたご注意下さい。


    それではまた、どうぞよろしくおねがいします。

    | CCP | 00:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

    COMMENT















    非公開コメント

    TRACKBACK URL

    http://biggie001100.blog.fc2.com/tb.php/18-340191eb

    TRACKBACK

    PREV | PAGE-SELECT | NEXT

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。